ホーム>スタッフブログ>2020年6月

2020年6月

情報社会の中で

202061292536.png

 

 

こんにちは。

丸田ししゅうです。

 

当社は全員で9人の小さな会社ですが、従業員の半分は50代以上で、もう半分は20代、30代です。

3時には皆で顔を合わせて雑談をする時間があり、和気あいあいとしています。

 

が、個人でも世代間でも好きな話題のジャンルが違います。

鬼滅の刃と言えば大人気のアニメ、漫画ですが、おばあちゃん世代は知らない方も多く

やはり好きなものってそれぞれだなと、びっくりさせられます。

 

 

情報のスピードもまた世代で異なります。

私は今最速で情報を入手できる手段と言えばTwitterだと思ってます。

 

今話題の渡部さんの不倫の件も9日の日中にはネットに出回っていて

あんなに美人の奥さんがいながら何してるんだと憤慨したものですが

テレビで大きく取り上げられたのはおそらく10日からでしょう。

 

新しい情報というものはなるべく早く人と共有したくなるのは

自然な心理だと思いますが、世代間で情報取得のスピードに差があると

 

若い人→(共通の情報)←年配  ではなく

若い人→(新しい情報)→年配  になってしまいます。

 

やはりある程度情報を持った同士の方が会話というものは弾むものです。

私はあえで1日遅れで3時にこの話題を出したり、余計な配慮もしました。笑

 

これを仕事の問題と捉えるとネットに疎い層は確実に情報が不足していってしまいます。

ネットの文化はこれからも進化していきますし、給付金関係でもネットで情報を取得できないと

全く手続きが進まないということもあったと思います。

 

 

私はそれなりにネットは身近な存在なので、お客様とのやり取りや

お仕事の受注もほぼネットを通して簡略化できるよう動いていってますが

できることなら関わった全ての人に幸せになってもらいたいと願います。

 

 

 

マスク

こんにちは。

丸田ししゅうです。

 

 

マスクが市場に流通するようになってきましたね。

以前の高騰した価格から少し落ち着いてきて

使い捨てマスクを100枚500円で販売しているお店もあり

マスク特需ももう手仕舞い感がありますね。

 

 

202061174657.jpg

 

 

当社でも4月の終わり頃からマスク需要を埋めるべく、花刺しゅう入りのマスクを作っていましたが

社会の情勢を考えて、若干の在庫を残してもう生産はストップしました。

 

我々のようなメーカーは生産から納品まで少し時間がかかるので

社会の流れに対して前倒しかつ即決即断で動かないといけない側面もあります。

 

製品自体は評判が良かったので、マスク事業への参入がもう1か月早ければ、

もう少し違った結果になったのかなという反省もありますが、切り替えていきます。

 

外出制限が解除され、少しずつですが経済が再び動き出すようになり

我々のようなメーカーにもお声がかかった為、本業の刺しゅうが忙しくなってきた為です。

 

 

パートさんの雇用調整も元に戻しました。

皆本当に安心していて、我々も再度責任を果たすことができて良かったです。

 

 

もう一つ、社会に対する使命として。

壊滅的なダメージを負った組織に必要なことは。

 

売上アップか経費削減による利益の確保、でしょう。

 

例えばスタッフのユニフォームに会社名の刺しゅう入っている方。

どこかの代理店に任せっぱなしで、刺しゅう代を余分に払っていませんか?

実際こういうパターンはかなり多いです。

 

でも直接我々にお問い合わせ頂ければ、正規の価格で加工できるのに。

もったいない!と思うことが多々あります。

 

こんな時だからこそ、我々のような専門メーカーを知ってもらいたい。

こんな時だからこそ、お客様も我々もどちらか一方だけが得をするのではなく

共に満足していけるようなパートナーでいたい。

 

こう思うわけです。

ページ上部へ