ホーム>スタッフブログ>2019年10月

2019年10月

爪痕

こんにちは。

丸田ししゅうです。

 

台風19号の襲来から約2週間が経ちましたね。

今日は永野川氾濫の影響で床上浸水してしまった栃木市の取引先を訪ねました。

 

2日前にやっと営業再開できたとのことでしたが

それまではずっと朝から晩まで泥かきで

電話が使えるようになったのもつい最近とのことです。

 

 

また、近くの家電量販店やホームセンターの駐車場には

水に浸かってダメになってしまった商品や災害ごみが

積みあがっていて、災害がテレビの中だけでなく

実際に起こった現実だということを突きつけられました。

 

 

皆さん必死に動いていますが、何か特別なことができるわけでもなく

ただただ歯がゆい思いをしています。

 

 

首里城の火災とか官僚の辞職とか毎日色々なことが起きてますが

とりあえずは身の回りの方や家族の安全と幸福を考えていきましょう。

 

南アフリカ戦

こんにちは。

丸田ししゅうです。

 

ラグビーワールドカップの決勝トーナメント

日本 対 南アフリカの試合が行われましたね。

 

前半が終わって3-5という僅差だったので、本当に勝って欲しいと

赤ちゃんを寝かしつけながらもワクワクしながら見てました。

 

後半に入って南アフリカの怒涛の攻撃と鉄壁の守備で

勝利は叶わなかったものの、ベスト8という素晴らしい結果を残してくれました。

 

正直、日本では馴染みの薄いラグビーというスポーツがここまで

盛り上がるとは思っていなかったし、私もまだルールがよくわかっていなかったですが

選手たちの力強さと展開の早さと色々と魅力的な面を発見できたので

次回ワールドカップは本腰を入れて応援に行きたいです。

 

その頃には子どもも大きくなっていると思うので。汗

 

 

代表の皆さん、スタッフの皆さんお疲れさまでした。

台風19号というアクシデントがありながら、日本中に感動をありがとう。

台風19号

こんにちは。

丸田ししゅうです。

 

台風19号の猛威が日本全国を襲いました。

結城市周辺でも避難勧告があり、茨城県・栃木県内の河川が氾濫するなど

決して遠くない場所で台風の甚大な被害があり、天災の恐ろしさを改めて実感しました。

 

被害に遭われた方、避難生活を強いられている方が

できる限り早く元の生活に戻れることを心から願います。

 

 

 

そんな中でラグビーワールドカップでは

日本対スコットランドの試合が行われました。

 

おそらくこの状況での開催に非難の声もあったと思いますが、私は開催に賛成です。

 

これまでの奮闘は目を見張るものがありましたし、こんな時だからこそ

勇気づけられる方もいたのではないかと思います。

 

事実、日本は強豪スコットランド相手に勝利を収め、史上初の決勝Tに進むという偉業を成し遂げました。

 

みんなが台風被害で弱っている中、明るい気持ちにさせてくれた

日本代表の皆様、本当にありがとうございます。

 

また、台風で東北での試合が中止になったカナダ代表、ナミビア代表の方々が

被災地で清掃ボランティアをしているというニュースも見ました。

 

 

選手団の皆様が本当に素晴らしい精神で対応して頂き

益々ラグビーを応援したい気持ちが強まりました。

 

次の相手は南アフリカですね。

子育てが無ければスポーツバーにでも行って大勢で応援したいところですが

ここは家族優先で家で観戦することにします。

 

日本の選手、被災地の皆さま、がんばりましょー。

刺しゅう枠の相談

こんにちは。

丸田ししゅうです。

 

今回はお客様とのやり取りでよくある事例を紹介します。

 

お客様が衣服を持ち込んで、刺しゅうをしたいと言われて

我々がよくこのつくりは刺しゅう枠を張らないといけないから

あまり機械に通してみないとできるかわからないとお伝えする時があります。

 

刺しゅう枠とは下記写真のようなものです。

 

2019101092049.jpg

 

なぜ枠が必要なのかというと理由は2つあります。

 

1つ目は生地をピンと張った状態でないと刺しゅうができない為生地を固定するためです。

こちらの理由はポロシャツやTシャツ、スウェット、薄いナイロンジャケット等が当てはまります。

生地がふにゃふにゃだと生地がよれてしまったり、線がずれてしまうことがあるので、注意が必要です。

 

2つ目は裏地とずれないようにする為です。

こちらは防寒服やジャケット、スカジャン、2層になっている厚めのナイロンジャケット等が当てはまります。

表も裏も一緒に針を通すので、着心地が悪くならないように気をつけて枠を張ります。

 

 

針を入れる前のこの枠の張り方や張りの強さで50%は刺しゅうのクオリティが変わってきます。

 

この枠の有無がプリントとの違いの1つでもあり、刺しゅうの奥深さでもあります。

プリントは表面にだけ絵を載せるわけですから、こういった点に時間を割かなくてもよいですね。

 

胸部分への枠張りなら大したことは無いのですが、背中部分と袖部分は

この刺しゅう枠というものが大きく影響してくるので、次回はその解説をしたいと思います。

 

 

Friends

こんにちは。

丸田ししゅうの丸田です。

 

先週末に遠くから友人が遊びに来てくれました。

 

201910191620.jpg

 

土曜日は大阪から元同僚が職場見学に来てくれました。

私は大阪の会社に4年ほど勤めた経験があり、離れてしまった今でも当時の親交を続けてくれているというなかなか嬉しい話です。

 

業務用のミシンが動いているところはなかなか見る機会が無いので

びっくりして喜んでくれて良かったです。

古巣の近況なども聞けたし、皆さん大変そうですが元気そうでなによりです。

 

 

 

日曜日はアメリカの友人を招待しました。

 

201910192055.jpg

 

 

彼らとは数年前に語学学習のアプリで知り合い、大阪にいる間にも1回来てくれたので

今回は2回目の出会いになります。

 

日本が好きで日本語も少しだけ話せますが、基本は英語での会話だったので

たまに聞き取れないところもありながらも

脳をフル回転させて何とかかんとか楽しい時間にすることができました。

 

私の地元で着物体験や結城紬の機織り体験などもしていって

すごい楽しかったと言ってもらえたので来てもらった甲斐があったです。

 

201910192735.jpg

 

 

地元民からすると地元は何もないとか若い人がいないとかネガティブな話をよく聞きますが、

外国人からすると田舎の風景も伝統の体験も楽しくてたまらないらしいので

地域振興課の皆様にはもっと世界に向けて発信していってもよいんじゃないかと思います。

 

 

どちらの組にも刺しゅうでオリジナルグッズをあげましたが

写真を撮るのを忘れたのでアップはできません。

が、1点ものということでとても喜んでくれました。

 

 

刺しゅう業はニッチな業界で、服飾関係の方以外にはあまり知られていない世界ですが

実は一般の方にも受ける可能性を無限に秘めている仕事だと思うので

より多くの人に刺しゅうというサービスを知ってもらいたいと今まで以上に思いました。

 

 

消費税がついに増税になりますが、丸田ししゅうは良心的価格でやっていきますので

刺しゅうのオリジナルグッズをご希望の方は、こちらにご連絡下さい。

 

ページ上部へ