ホーム>スタッフブログ>販促ツールとしての刺しゅう
スタッフブログ

販促ツールとしての刺しゅう

こんにちは。

丸田ししゅうです。

 

 

茨城県、栃木県では緊急事態宣言解除のコロナウイルスの影響で停滞して経済が

限定的に外出ができるようになったりしてすこしずつ活気が出てきた気がします。

 

他の地域でも少し活気も出てきた町も多いと思います。

 

 

大規模なイベント!っていうのはまだまだ難しいですが

飲食店や小さいイベントをコツコツと始められれば良いですね。

もちろん感染防止の対策を徹底して。

 

 

そういった事業者の方々にお伝えしたいことがあります。

ユニフォームやエプロン、帽子などにお店の名前入ってますか!?

2020512131032.jpg

感染拡大を避ける為、人と人との関わりが減っている中で

来てくれた方に対しての視覚による事業アピールは

ユーザー目線で見ると、かなり大事ですよ。

 

 

あそこのお弁当美味しかったけど、お店の名前が出てこない・・

なんてお客様の声は聞きたくないですね。

 

 

今は大変な思いをしている方も多いと思いますが

アフターコロナのスタートダッシュは

店舗名や会社ロゴが入ったアイテムを身に着けて事業を行うことで

より事業を認知してもらえる可能性が高くなります.

 

またイベントの物販品なども開催できるってわかる前に

製作しておかないと間に合わないですよ!

 

18日午前中の段階でですが、名入れやグッズ製作の問い合わせが増えてきており、

ご依頼のタイミングによっては希望日に間に合わない可能性もあるので

早め早めのお問い合わせをお勧めします。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.maruta-shisyu.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/140

ページ上部へ