ホーム>スタッフブログ>2019年9月

2019年9月

ラグビー

こんにちは。

丸田ししゅうです。

 

ラグビーワールドカップが開幕しましたね。

正直ちょっと前まであまり関心が無く、そんなに盛り上がらないだろうと予想していました。

 

が、とんでもない。

関係者の皆様、ラグビーファンの皆様申し訳ありません。

 

テレビで日本対ロシアの試合を見てましたが

目まぐるしく変わる攻守やパワー溢れる選手たちのプレーを見ていて画面に釘付けになっていました。

 

ラグビーっておもしろい!

ニュージーランド対南アフリカの試合は

世界トップレベル同士ということもあり、迫力や貫禄がありましたね。

 

自分でプレーしろと言われたら、痛そうだしルールもよくわかってないし

Noと言いたいですが、見る分にはとてもおもしろかったです。

 

 

ラグビーに興味を持ったきっかけが2つあって1つはTBS系のドラマ「ノーサイドゲーム」です。

大泉洋さんの真面目にやっているのにどこかおもしろい雰囲気や

ラグビー初心者にもわかりやすい説明とプレーの迫力があり、毎週楽しみに見てました。

 

もう1つがラグビーのユニフォームに刺しゅうを入れさせて頂いたことです。

 

2019924111230.jpg2019924111245.jpg

 

ラグビーのユニフォームの背中に風神と雷神の刺しゅうを入れました。

かなり気合の入ったお客様で、型から制作したら1着5万円はしたと思いますが

たまたま当社で風神雷神の型データを持っていたので、クオリティを下げることなく

より価格を抑えることができました。

 

この刺しゅうがちょっとNHKに映ったらしいのですが、見ることはできませんでした。

サイン入りのユニフォームで、失敗してはいかんと作る方もドキドキしながらでしたが

結果的に満足頂けたようで、SNS等で色々と広めて頂きこちらも嬉しかったです。

 

 

刺しゅうというとものすごく高いイメージのある方もいると思いますが

会社によって持っている機械やお見積り方法が異なることが多いので

他社ですごく高かったけど、当社に見積りしてみたら思ったより安かったということも多いです。

 

刺しゅうオリジナルグッズをご希望の方はこちらよりお問い合わせ下さい。

 

 

TOKYO

こんにちは。

丸田ししゅうです。

 

今週末は諸々のご挨拶で東京に行ってきました。

 

両国にある縫製屋さん。

御徒町にあるミシン屋さん。

尾久にある刺しゅう屋さん。

 

といった感じです。

 

 

久しぶりに東京行きましたがやっぱり人が多いですね。

会社員の時に色々回ったことあるので気おくれするわけではありませんが

田舎の暮らしに染まってしまったなあと思う今日この頃です。

 

家で野菜を育てて、今日はピーマンがいっぱい取れたーなんていう生活をしているうちに

このガヤガヤしている感じを忘れてしまっていました。

 

田舎は田舎で良いところもありますが

やはりたまには都会に出て刺激を受けた方が良いですね。

特にそこで出会った方との縁は大切にしたいですね。

 

人と会うことによって何かしらインスピレーションが起きる気がします。

ものつくりの人間としては新しいことをどんどんしていかないと

流行に取り残されていくばかりになってしまうという思いもあります。

 

 

さあ、がんばろうぜ~という気持ちになった日でした。

 

 

 

2019年9月17日追記

 

その2日後にまた東京に行きました。

上野で開催されていた三國志展を見るためです。

 

2019917153737.jpg

 

写真もOKという珍しい展示で、三國志ファンの私にはたまらない時間でした。

また落ち着いたらもっと色んなところに出かけたいですね。

赤ちゃん

こんにちは。

丸田ししゅうです。

 

 

先日2人目の子どもが産まれました。

2019941174.jpg

 

赤ちゃんは何人いてもかわいいですね。

昨日初めて病院から家に移りましたが、1人目で経験しているので

あれこれと慌てることもなく淡々と移動やオムツもできたような気がします。

 

ただ、1個トラブルがあって、哺乳瓶の乳首部分だけ買い替えたのですが

サイズが合わないものを買ってしまっていて、急遽買いに行ったという事件がありました。

 

その間赤ちゃんはずっとミルクを待っていたのでミルク1発目で大泣きされてしまいました。

慣れていたがゆえの事件ですかね。

気を付けたいとおもいます。

 

 

 

あとは、1人目がじっとしていないので遊ばせている間に赤ちゃんのオムツを買えるとか

家族が後退で1人目の相手をするとか、色々と気を遣いながらの育児になってます。

年の差が無いと最初は大変だけど、仲良くなってくれればうれしいですね。

 

一応子どもは2人で満足しているので、新しい赤ちゃんの育児が落ち着き次第

もう少し仕事の方に比重を置いた暮らしができればと思ってます。

 

「やりたい」を形にしないとただの妄想で終わってしまうので

刺しゅうをもっと身近に感じてもらうよう、計画的に取り組んでいけたらという感じです。

 

関係者の皆様にはご不便をおかけしますが、宜しくお願い致します。

ページ上部へ