ホーム>スタッフブログ>2018年3月

2018年3月

春一番

こんにちは。

丸田ししゅうです。

 

今週から関東地方は温かくなって春が来たといわんばかりですね。

うちの娘も外に出かける際に、上着を着なくなりました。

 

 

201832814583.jpg

 

明日で3か月です。

12月産まれのこの子にとっては春も夏も秋も

ぜんぶ初めてのことになるんだなと思うと感慨深いですね。

 

父としてたくさんの色んな経験をさせてあげたいと思います。

覚えていないと思いますが。

 

 

この子の着ている服は私が小さい時に着ていたものだそうです。

30年経っても使ってもらって服も嬉しいでしょうね。

 

もし時間があれば、古い服に刺しゅうを入れたり、

小物にリメイクしたりといったことにもチャレンジしたいです。

お客様よりご要望があれば検討しますので、その際はお問合せください。

北欧

こんにちは。

丸田ししゅうです。

 

弊社ではWEBにてワッペンの販売を行っているのですが

お客様のご要望で新たに北欧諸国の国旗ワッペンを追加しました。

 

 

2018319174044.jpg

以下の4か国です。

・スウェーデン

・ノルウェー

・デンマーク

・フィンランド

 

昨日閉会した平昌パラリンピック、また平昌オリンピックでの

めざましい活躍が記憶に新しいですね。

 

作成する上で調べて初めて知りましたが

この十字は各国で幅が違うようです。

中世のデンマーク王国の紋章が基準になっていて、

そこから各国が独立してこのようになっていったとか。

 

詳しいことはよくわからないですが、色にも意味があるようなので

興味のある方は調べてみて下さい。

 

 

これらの国旗ワッペンは下記ハンドメイドアプリでも購入ができます。

 

minne

https://minne.com/@jinmaru83

Creema

https://www.creema.jp/c/maruta-shisyu

 

 

ワッペン以外にもオリジナルの刺しゅうグッズを

随時アップしていくので、時間のある時に見ていって下さい。

 

メンテナンス

こんにちは。

丸田ししゅうです。

 

最近周りで整骨院や鍼灸院に行く人が多いような気がします。

寒いと体が硬くなって動かしにくくなるのか、痛めやすくなるのか。

 

私も腰がよくないので、鍼灸院に通っています。

足を揉んでもらったり、鍼を打ってもらうと気持ちいがよいものです。

 

子育て中で抱っこしないといけないとかパソコンとか機械の操作とか

いくつも考えられる要因はありますが

引っ越してから車移動がメインになったことも大きいのかなと思います。

 

今までは片道50分かけて電車通勤していたわけですから

立っている時間や歩く時間が大幅に減ったように実感しています。

 

運動もしないといけないと思いつつ、実践していません。笑

以前はジムに行ったりしてましたが、今は見える影もないほど弱っています。笑

 

なんとかしないといけない!

ので今の忙しさが落ち着いたら、小さなことからコツコツと始めようと思います。

 

ちなみに丸田ししゅうでは、事業拡大の為にパート・アルバイトを募集しています。

こんな私と一緒に働いてもよいと思える方のご応募お待ちしております。

平昌オリンピック

こんにちは。

丸田ししゅうです。

 

冬季オリンピックが閉会しましたね。

当初は寒波とか強風とかネガティブな面ばかりが

注目されていたように思いますが、終わってみれば涙やドラマがあって

とても印象に残るオリンピックになったと思います。

 

特にカーリング女子の活躍がめざましかったですね。

ルールもよく知らなかったですが、じっくり見てると楽しいものです。

もぐもぐタイムとか赤いサイロとか競技以外のことに

話題が集まったのもおもしろかったですね。

 

メダルを獲得した方もそうでない方もお疲れ様でした。

 

 

で、東京オリンピックはもう2年後ですね。

平昌が終わったとたんに急に実感が湧いてきます。

 

せっかく関東に住んでるので1競技は見に行きたいものです。

ボランティアもしたいですが、規定上1日だけというのは無理みたいなので断念しました。

英語の勉強も続けているので残念ですが。

 

その代わり、仕事で貢献できればいいなと思います。

アクセサリーやワッペンやぬいぐるみなど

オリンピックグッズの製作を考えている会社様がいましたら

丸田ししゅうにお任せ下さい!

 

せっかくなのでメイドインジャパンでいきましょー。

20183111315.jpg

 

たまたま遊びに来てくれていた金沢美術工芸大学の飯岡さんと。

ページ上部へ